格安夜行バス徹底調査!

格安高速バス快適に過ごすために?

格安夜行バスって疲れない?

夜は寝れる?

失敗しないバス会社の選び方は?

トップ画像

おすすめの格安夜行バスはこちら!

格安の夜行バスを快適に過ごす方法は?

ビル道路
「格安夜行バス」と耳にしたとき、どのようなイメージを持ちますか?

 

「安いけど大変そう」「安いけど時間通りに到着しなさそう」など、安いけど○○とネガティブな意見が付随する方が多いのではないでしょうか。

 

ちなみに、先の2つのイメージは、全く間違っていません。

 

両方とも合っていることが現状です。

 

 

ただし、補足をしておきたいことがあります。

 

それは、先のネガティブなイメージは準備次第では、全く苦にならなくなる場合もあります。

 

要は、快適に過ごすためのちょっとしたテクニックがあるということ。

 

 

どういうことか?を、お話をしていきましょう。

 

 

格安夜行バスについての知識を身に付けること

 

まず行いたいことは、格安夜行バスについての知識を身に付けることです。

 

やはり、こういったサービスの知識は大きな武器になります。

 

それだけ選択肢が広がりますし、状況に応じたチョイスをピンポイントでできるようにもなります。

 

繰り返しになりますが、快適に格安夜行バスツアーを利用するためには「知識を身に付けることが大切」になります。

 

 

どのような業者がいるのか?

 

主要のバス業者が、どれくらい存在するのか?そして、各々の業者の特徴は?と、細かく知ることが大切です。

 

どこの業者も大きな意味で、基本的に同じサービスを提供していますが、細かくサービス内容や外観・内装を見ていくと、差別化を図っていることがよく分かります。

 

そして、快適に過ごすために大切なことは、この「自分の乗りたいバスを見つけること」が重要な要素になります。

 

 

適正な値段は?

 

知識が身に付いてくると、徐々に格安夜行バスの相場というものが見えてきます。

 

となると、有利になるのが中堅業者などの見極めもできるようになります。

 

中堅業者には中堅業者のメリットが多くあるため、選択肢に入れたいところ。

 

だからといって、安さだけで決めてしまうと、痛い目をみる世界でもあります。

 

したがって、相場を知ることは非常に大切なことなのです。

 

バス選びに失敗しないためにも大切な知識です。

 

 

夜行バスならではのマナー

 

夜行バスには「乗車マナー」というものが存在します。

 

たとえば、騒がないという点。

 

夜行バスの意味は「寝ながら目的地へ向かう」というもの。

 

それを否定する行為のため、マナー違反になるわけですね。

 

一人でも、こういったことをする人間がいれば、その道中は「不快」なものになってしまいます。

 

他人を思いやってこその、快適を得ることができることを理解しておきたいところ。

 

そのためのマナーの知識が必要となります。

 

 

格安夜行バスに乗る準備をすること

 

知識が身に付いてくると、次に気になるのが、実際に乗車し移動し始めたら、どのよに過ごすべきか?という点。

 

やはり気持ちよく寝て過ごしたいのが人の心情というもの。

 

こういった部分の知識も身に付け、当日までに準備をしていおきたいところですね。

 

 

安眠するためのグッズ

 

寝ることが目的ですので、やはり安眠できるためのグッズを用意しておきたいところ。

 

代表的なものでいえば、エアー枕(二つ用意すると何かと便利です)、アイマスク、耳栓、マスク。

 

この辺りは必須用品と言えるでしょう。

 

必須なだけあり、業者によっては無料でくれる場合、貸してくれる場合があるためチェックしておくとよいでしょう。

 

他にも、人それぞれの便利グッズというものがあります。

 

調べると、先人たちの知恵がたくさんあるので、参考にするのも1つの手です。

 

 

時間をうまく利用するための準備

 

とはいえ、快適に眠れない場合もあります。

 

そういったときには、思い切って眠らずに過ごすことも快適な方法の1つといえます。

 

要は、寝ないでできた時間をどのように過ごすのか?を準備しておくのです。

 

音楽をじっくり聴いてみることが最たる例でしょう。

 

意外と歌詞を聞き流している場合もあるため、これを機に歌詞をイメージしながら過ごすと楽しく時間を使える場合もあります。

 

 

読書など「明かり」が必要な場合は注意が必要です。

 

基本的に、消灯となるため、ちょっとした明かりが気になってしまう利用者も意外と多いです。

 

したがって、迷惑になるようであれば「NG」となるので、過度な期待は持たないで用意しておくぐらいに留めておくとよいかと。

 

 

大事なことは他人に迷惑をかけずに外界を遮断すること

 

この手の格安夜行バスで快適に過ごすための大切なことは、いかにして他の利用者を遮断できるか?にかかっています。

 

非常にイメージの悪い表現の仕方ではありますが、それだけ自分の殻に閉じこもることが大切で、かつ大変な作業なのです。

 

したがって、快適に過ごすための準備とは、この殻をどのようにして作る(準備する)のかが重要なわけです。

 

ただ、他の方への配慮は絶対に忘れてはなりません。

 

中には、何が原因か分からないという状況で、イライラしている方がいるため、こういった方に火に油を注がない効果もあります。

 

 

ともあれ、快適に過ごす準備は「バス選び」から始まっていることを理解しておきたいところですね。

格安夜行バス予約で失敗しない方法は?

橋
格安夜行バスと一言で言っても、実に多くの種類のバスが存在します。

 

その中から1つを選んで予約するのですから、何かしらの判断基準がほしいところ。

 

ここでは、そんな格安夜行バスを選ぶ際に、注意しておきたいことを記載していきます。

 

 

3列シートと4列シートは大きな違い

 

まず確認しておきたいのは、3列シートにするのか?4列シートにするのか?です。

 

格安夜行バスの世界では、3列シートの方が良いとされています。

 

もちろん、その分、相応の値段の高さになることは承知しておかなければなりません。

 

 

ちなみに4列シートの評判が悪い理由は、とにかく狭いから。

 

特に窓際は「選ぶべきではない」と表現するサイトも存在するぐらいのものです。

 

ただでさえ狭い座席間にも関わらず、隣席からの圧迫感もあるため、さらに狭く感じてしまうのです。

 

通路側であれば、通路に足を投げ出すことができる分、まだよいのです。

 

 

3列シートになれば、この問題はある程度解消されているため、好んでこちらを選択する方も多くいらっしゃいます。

 

 

ツアーバスを利用する場合のルート確認

 

格安夜行バスには、ツアータイプがあります。

 

これは、さまざまな集合場所に移動しながら乗客を迎えにいく状況となります。

 

中には、集合場所から集合場所まで移動するためのバスも存在することも。

 

大荷物となる場合、このちょっとした移動が大きな負担になることもあるため、注意しておきたいところです。

 

また、ルートをしっかりと把握しておかなければ、乗るところ降りるところを間違いえてしまう可能性も。

 

こういったリスクを避けたいのであれば直行できるタイプの格安夜行バスを利用することをオススメします。

予約前に必ずチェックすることは?

高速道路
以前、この手の格安夜行バスで痛ましい事故が発生してしまいました。

 

その後、業界全体では、安全対策に対する考え方を改めることに。

 

 

万全の安全体制を期している

 

具体的な試みとして有名どころのお話は「二人一組」の状態で運行を行うということ。

 

過酷な勤務になることは、間違いないため、居眠り防止などの意味を込めて、この二人組体制に。

 

これは義務のため、運転手は必ず二人いるため、ある程度の安全性は保たれています。

 

したがって、安心して利用するとよいかと思います。

 

 

100%の安全はない!?

 

ただ、正直なところ、格安夜行バス業者が、万全の態勢を期していたとしても、どうしても事故にあってしまうこともあります。

 

いわゆる「もらい事故」と呼ばれる事故。

 

たとえば、高速道路の渋滞の最後尾に停車した状態で、玉突き事故にあってしまえば、どうすることもできません。

 

このように、防げない事故は必ずあるということは理解しておきたいところ。

 

先の万全の安全体制のお話は、あくまで「過失がないようにする」ということ。

 

これは、何もバス業者だけではなく、電車でも飛行機、そして一般車でも同様のことがいえます。

 

 

だからといって、放り出すのも少々違います。

 

大事なことは、いざというときに、どのような行動が起こせるかをシミュレートしておくとよい、ということ。

 

たとえば、非常出口の位置を乗車したときに確認しておくなどです。

 

これだけでも大きく違うこともあるため、心構えもしておくと安全対策につながります。


 
予約の仕方は? 乗り心地は? おすすめ便利グッズ! 女性必見! おすすめはココ!